子どもと食べたいバナナケーキ

バナナ。

黒ずんできたり、子どもが皮を剥いたっきり食べてくれなかったり。

バナナの劣化の早さといったら・・

でも処分するのはもったいない。

そんな理由から今朝

本当は作る予定ではなかったバナナケーキを作りました。

f:id:petitfrhr:20211228171527j:image

クリスマスに使って余っていた生クリームとフルーツも添えて。

次男は、バナナやみかんを食べたいから

「ちょうだい」ではなく

皮を剥きたいから「ちょうだい」してきます。

また無駄になる…といつも思うのですが

あげないと、怒り狂います💧

たいてい私や夫が食べるか、

バナナとみかんが大好きな長男が

「じゃあ○○○(長男)くんが食べてあげるよ!」と

嬉しそうにいつも食べてくれるのですが、

最近飽きてきたのか^^;

傷んだり、中途半端に皮を剥いたバナナが冷蔵庫に3本。。

あぁ…もうこれダメ…あぁ…もったいない。

ということで暇を持て余していた長男とバナナケーキ作りをしました。

 

長男は実験じみたことが好きなため、

計量して重さが変化することや、

生地にバターが乳化され、オーブンで焼いたら膨らむという

科学的な好奇心から料理が好きなようです。

普段全く気に留めませんが、キッチンスケールでの計量などは、

何をどれだけ載せたら、このくらいの重さになるという

量と数字の感覚を促すツールというか、

日常生活の何気ないこういった作業からも

数字的な感覚って身についてくるものなのかな〜なんて思ったり。

はかり先生(ピタゴラスイッチ)にお世話になりっぱなしです。

 

レシピを記録しておこうと思います。

<材料>

●薄力粉・・・150g

●ベーキングパウダー・・・4g

●グラニュー糖・・・60〜70g

(今回は60gで作ったら甘さ控えめでした。)

●無塩バター・・・70g(300w40ほど温めて溶かしておく)

●卵・・・2個

●バナナ・・・2〜3本(今回は3本)

 

<作り方>

*薄力粉、ベーキングパウダーは合わせて事前にふるう

*バターはレンジで完全に溶かしておく

*パウンドケーキ型にオーブンシートを敷き詰める

(今回は15cm×9cmを使用)

*オーブンは180度に予熱しておく

*バナナはフォークなどで潰しておく

 

①大きめのボウルで潰したバナナにグラニュー糖を入れ混ぜ合わせる。

②溶かしバターを入れ乳化させる。

③溶き卵を入れてよく混ぜ合わせる。

④薄力粉+ベーキングパウダーを一気に入れ、

ゴムベラで下からすくいあげるように混ぜる。

⑤型に流し入れ、10cm上くらいから数回下に落として余分な空気を抜く。

⑥180度に熱したオーブンで35分程焼く。

⑦竹串を刺して生地がついてこなければOK

⑧すぐに型からはずして、オーブンシートも取り、

濡れたふきんなどで包み、焼き縮みを防ぐ。

⑨粗熱が取れたらラップに包んで冷ます。

⑩カットして完成。お好みで生クリーム、フルーツなどを添えても◎

作り方は、計って混ぜるだけですね。

f:id:petitfrhr:20211228190542j:image

今日は、珍しく子どもたち2人揃ってお昼寝。

たまに巡ってくる束の間の自由時間。

私も大抵コーヒーを淹れてお菓子を食べてから寝ています。笑

隙あらば寝たい主婦心…。

子どもたちはお昼寝から起きておやつの時間に食べました。

食べている時と寝ている時だけは静かです。^^;