豚ヒレ肉の紅茶煮 トマトケッパーソースで*と、懐かしのショー

とある方のブログで、どうやら昨日は

クリスチャン・ディオールのお誕生日だったということを知りました。

クリスチャン・ディオールといえば、1947年の"ニュールック"に始まり

近年では、ディオール初の女性デザイナーが就任しているとかで。

私の中では自分がファッションの仕事をするようになり、

無我夢中で何かを掴もうとしていた輝かしい?(笑)夢追い時代に

よくgap PRESSやMODEetMODEというコレクション雑誌で幾度となく見ていた

ジョン・ガリアーノが手掛けるクリスチャン・ディオールが記憶に残っています。

懐かしくなりYouTubeで昔のコレクションを見て

1人静かにテンションが上がってしまいました。

特に印象に残っている2008年秋冬のプレタポルテ

"NEVER FORGET THE WOMAN"

(ってタイトルが付いていたような・・)のコレクション。


Christian Dior Fall/Winter 2008 - Part 1 (Detailed)

ジョン・ガリアーノのコレクションは、とにかく、見るとすぐに

「これはガリアーノだ!」と、分かるくらいインパクトがあって、

よく「売れ線な洋服を作るデザイナーが多い中で唯一ショーで

"ファンタジー"を見せてくれることができる数少ないデザイナーの1人」と

言われていたんですよね。

オプティカルなドレス、オーストリッチ、クロコダイル、バイカラー。

ディテールや素材、シルエットをひたすら研究して

穴があくほど何度も見ていた(そんな熱い時代もあった^^;)

ショーのバックにはダスティ・スプリングフィールド

"プリチャー・マン"が流れるなんて素敵。


Dusty Springfield Son of a Preacher Man

そして"サイモン&ガーファンクル"の「ミセス・ロビンソン」や、

"コリン・ブランストーン"の「構わないと言って」も

70'sの雰囲気を醸し出していていいですね。

冒頭は思わずダスティン・ホフマン主演のニューシネマ「卒業」を

思い出してしまいますが、ランウェイを歩くモデルさんたちは、

ラス・メイヤーの映画から飛び出してきたようなケバケバしいメイクに

派手なスタイリングで思わず目を奪われます。

イギリスのお嬢様モデル、リリー・ドナルドソンや、

クリスチャン・ラクロワのミューズだったヴラダ・ロスリャコヴァ

初期のLula magazineにも登場していた

シリ・トレロドちゃんなどがパリコレで活躍していた頃。

今はトレンドとか、モードとか自分の生活からは遠のいていますが、

たまにこういうのを見ると、仕事を頑張っていた自分を思い出して、

過去の自分から少しエネルギーを分けてもらえるような気がします。

 

あの時はとにかく仕事、仕事で食べることすらそっちのけでしたが

その後こうやって食べることに関心を持つようになるなんて

当時は考えてもみませんでした。

疎かにしていたことは、どこかで帳尻が合うようにできているのかもしれません。

 

新しい料理に(と言ってもソースだけ)挑戦。

f:id:petitfrhr:20210120193242j:image

忙しい朝は、鍋に紅茶パックを1〜2枚入れ火にかけ豚ヒレ肉を入れ

30分程煮込みながら放置して夕飯の下ごしらえ。

食べる前に、玉ねぎのみじん切り+ケッパー&トマトを炒め、

白ワインでフツフツさせ、仕上げにバターを入れカットしたお肉にかけて完成。