vintage girls sounds

フレンチシックなお気に入り<Six>

Un lieu de guérison 心の安らぐ場所はありますか? ちょっと疲れたり、休みたい時にふらりと立ち寄れるカフェで コーヒーを1杯なんて、働いていない現在は贅沢なことのように思いますが、 家庭でもなく、職場でもなく、自分の心がリセットできるような 1人…

フレンチシックなお気に入り< Cinq>

Une femme est une femme 自分の生き方ってこれで良かったのだろうか?と、 ふと思うときがあります。 うまくいかなかったことの方が多いし、欲しかったものは手に入らないし 目標に辿り着いても、そこに行った途端別の景色に変わり 好きだったものに苦しみ…

フレンチシックなお気に入り<Quatre>

Filles et gâteau 今月はバレンタインデーがあったせいもあり、 いつもより甘いものを食べすぎた月でした。 (いただく側ではないのに食べすぎたとは…笑) 普段あまり気にも留めず口にしているお菓子ですが、 色んな歴史や由来があることを、ふと思い返してい…

バレンタインのテーブル

少し遅れたバレンタインデー。 バレンタインディナーでもと思いましたが、だいぶ過ぎてしまったので、 お昼時にサラッと済ませようとしたものの、 どんな風にしようか考えているうちになんだかんだと色々と作ることに。 テーブルコーディネートを隙間時間で…

Somewhere there's a feather

お兄ちゃんの抜糸も終わりホッとひと息。 想像以上に暴れて、糸を切る瞬間の怯え方がガタガタブルブル 顔が青ざめなんともホラー映画のようでしたが^^; まずはひと安心。 母が、近くに住んでいたらこういう時、 そばにいてあげられたらと言っていましたが …

豚ヒレ肉の紅茶煮 トマトケッパーソースで*と、懐かしのショー

とある方のブログで、どうやら昨日は クリスチャン・ディオールのお誕生日だったということを知りました。 クリスチャン・ディオールといえば、1947年の"ニュールック"に始まり 近年では、ディオール初の女性デザイナーが就任しているとかで。 私の中では自…

フレンチシックなお気に入り<Trois>

In the French style ジーン・セバーグ主演の「フレンチ・スタイルで」(アメリカ/1963年) という幻の映画がソフト化されたみたいですが、 "フレンチ・スタイル"と聞いて 思い浮かべるスタイルはどんなものでしょうか。 「勝手にしやがれ」のような ボーダー…

Love is blue

本棚を整理していたら 数年前、少しの間習っていたフランス語の書類と マリー・ローランサンのフライヤーを発見しました。 フランス語を教えてくださったのは、大ベテランのとても素敵な先生で、 機会があればまた習いたいくらいでしたが、出産後はバタバタ…

フレンチシックなお気に入り<Deux>

J'aime le Vintage French 色んな情報に溢れている世の中だけれど できれば世の中のペースに振り回されずにいたいなぁと思います。 自分だけのお気に入りがあるとマインドがセットされ、 自分らしくいられる気がします。 流行は流行遅れになるけれど、 自分…

フレンチシックなお気に入り<Un>

深まる秋、いかがお過ごしでしょうか。 週末、ピアノ音楽会に行くことになり、 わずかばかり芸術の秋を堪能できそうな予感です。 ある作家が「芸術とは、美を追求しながら永遠性を目指すこと」と 語っていましたが、 遥か昔に作られていても古さを感じない、…

ブリジット・バルドーの素敵な仮装

ハロウィンも近づいて参りましたね。 特に何をするわけでもないのですが、 今年はコロナ禍のハロウィン 街は賑やかになるのかな?なんて思いつつ・・ ハロウィンをテーマにというわけではありませんが、 私の中でとても仮装上手な女優といえば、ブリジット・…

Love Machine

季節も秋めいて 彼の自慢のCHEVELLEでランデヴーしてきました なんて・・冗談がすぎるです。 息子の自慢のシェペット(って言うコルベットと混ざってるのかな)です。 オモチャの。マテルの。HOT WHEELS 69年型のミスターシェベル いつもクールなMuscle Guy ト…

7 heures du matin

毎朝、午前7時に起きています。 朝起きた瞬間から疲れ果てている今日この頃は、笑 (7時に起きてるくせに疲れ果てているとか 言ってちゃだめなんですが。) ひっそりと癒しのフレンチポップスを聴きながら洗濯物を干して 朝食の準備をして、気持ちを落ち着かせ…

fille a la moto 〜 女の子が歌うオートバイのうた 〜

オードリー・ヘップバーンが「ローマの休日」(1953年)でベスパに乗るシーンは いつ見ても可憐で上品で思わずうっとりしてしまいます。 そこから時を経てマリアンヌ・フェイスフルが 「あの胸にもう一度」(1968年)でハーレイ・ダビッドソンを乗り回すシーンは…

He's A Mover

コルベットに乗って夕暮れの街をドライブしてきました。 なんて・・ 息子のお気に入りのマテル社HOT WHEELSのコペットちゃん。 (コルベットと言えず) いつも"ちゃん"付けなのでどうやら女の子らしい 自慢の真っ赤なボディー(ジェームスbyきかんしゃトーマス)…

MADE IN FRANCE

学生時代、先輩が、商品のタグに "MADE IN FRANCE"って書いてるだけで可愛く見えると言っていました。 その時はふ〜ンって思っていましたが、 大人になって、ファッションの仕事をするようになり "MADE IN FRANCE"もの なかなか手にする機会がなかったせいか…

They Don't Know

9月に入ってもまだまだ暑い東京。 でも風もちょっとずつ夏から秋の風になってきたように感じる。 暦の上では秋。 この秋初めてのホットコーヒーと アートブックを眺めて初秋に浸る夜。 Note to Self 秋になるとなぜか、センチメンタルな曲を聴きたくなります…

「失われた時を求めて」を読み進めたい⑦記憶の漂流曲

日常のごく平凡な経験が、ある日突然マドレーヌの味とともに蘇り 歓喜に結びついたことから、その幸福の秘宝を文学によって開花させた マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」 まだまだ、入り口に立ったばかりですが、 鈴木氏の本を一読して思うこと…

In the long run(Beyond the valley of the dolls)

ビートルズのプロデュースでもお馴染みのフィル・スペクター。 彼をモデルにしたプロデューサーが出てくる映画の音楽を 雨の日になるとよく聴きたくなります。 Song from 'Beyond The Valley Of The Dolls' In The Long Run In the long run will there be s…

love kitten

猫ってなんであんなに可愛いんでしょう。 友人がシンガプーラという猫を飼っていて、 以前遊びに行った時に私の手に擦りよってきてくれ、 とっても可愛いかった記憶があります。 目と目が合って、お互い交互にゆっくり瞬きできたら、親愛の情らしいのよね? …

じゃがいものニョッキと寝かしつけ

ラザニアの日の食卓のサイドメニュー じゃがいものニョッキ by petitfrhrさん | レシピブログ - 料理ブログのレシピ満載! じゃがいもを潰して小麦粉と混ぜて形を整えてお湯で茹でてお好みのソースで。 常備野菜のじゃがいも いつもポテサラや簡単なものばか…

Girls shoot the curl

ある時ふと、過去のことを思い出す時があります。 今までもそんなことはあったのですが 今回はなぜかしばらく、過去の思い出に浸ってしまいました。 そして少しセンチメンタルになってみたり。 なぜなのか気になって色々調べていたら、 毎日が平穏過ぎて脳が…

マリアンヌ・フェイスフル

も、コロナに感染したなんて! マリアンヌ・フェイスフルは、 ルパン三世の峰不二子ちゃんのモデルにもなった映画、 「あの胸にもう一度」(1968 仏/英)で アラン・ドロンに恋焦がれるレベッカという役で 可憐にオートバイを乗り回す姿が印象的な、 60年代の…

パパは流行遅れ?「8人の女たち」の可愛いパパソング

もう随分前の映画になりますが、クリスマスが近くなると、観たくなる映画 カトリーヌ・ドヌーヴに、ダニエル・ダリュー、 エマニュエル・べアールにイザベル・ユペール、ファニー・アルダン・・ フランスを代表する錚々たる女優さんが勢ぞろいした映画「8人…

数学は数楽?絵本で嗜む"美しい数学"シリーズ📖

数学。 最も私が苦手だった科目の一つ…。 数字を見るだけで逃げ出したくなるような学生時代が蘇ります。 天から5物以上与えられたような女性といえば ナタリー・ポートマン 私の中ではブラックスワンに見る華麗なバレリーナを演じる女優だったり、 クリスチ…

ゆっくりと丁寧に暮らす

そんなライフスタイルをテーマにした雑誌「KINFOLK」 最近、雑誌というものを手にすることがあまりなくなっていたのですが、 KINFOLKは、久々に読んだ雑誌で、忙しさを忘れさせてくれるような、 ゆったりとした時間に浸れるライフスタイル誌でした。 Kinfolk…

時短*漬けるだけでバジルソテー*と、ブリジット・バルドー

バジルペーストなしで、バジルソテーを作ってみました^^ 半日漬けてあとは焼くだけ* GABANのタイム お肉料理にもお魚料理にも使えて、風味も増すので、最近よく使っています* ムニエル、クラムチャウダー、鶏の唐揚げにもオススメらしいです。 (裏面に記…

永遠の僕たち(Restless/2011)

死をテーマに扱った作品。 だけれど暗くもなく、とてもピュアで透明感のある瑞々しい映画でした。 アメリカ映画だけど、ヨーロッパ映画のような雰囲気。 死を受け入れるということは、生きていく中で誰もが通る道。 臨死体験をし、両親を失くしたイーノック(…

フランス映画「気狂いピエロ」(1965)

ヌーヴェルヴァーグといえば、 フランソワ・トリュフォーとはまた一味違う映画を楽しませてくれる監督がいます。 そう、ジャン=リュック・ゴダール トリュフォーはモノクロームだったり、例えるなら、 水彩画のような淡い繊細なイメージの作品だとすると、 …